リフォームで、エコでお得な快適生活をしよう
住宅エコポイント

国土交通省より平成21年12月8日に、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」が閣議決定され、エコリフォーム又はエコ住宅の新築をされた方は、様々な商品等と交換可能なポイントを取得できます。 ポイントの発行及び商品等への交換の申請は、住宅エコポイント事務局において、平成22年3月8日(月)より受付を開始します。

【PR】名古屋の業務用エアコンのことなら
http://kawamo-aircon.com/
本体価格の安さに加え、設置工事や故障時の対応、メンテナンスまでトータルで承ります。

耐震リフォーム

一定の住宅について一定の耐震改修工事を行った場合、確定申告することで最高20万円が所得税額から控除されます。 (耐震改修または耐震診断に補助を行っている市区町村に限る)

バリアフリーリフォーム

一定のバリアフリー改修工事を行った場合、確定申告することで最高20万円が所得税額から控除されます。

省エネリフォーム

一定の省エネ改修工事を行った場合、確定申告することで最高20万円(窓の改修と併せて太陽光発電設備を設置する場合は30万円)が所得税額から控除されます。

太陽光発電

住宅用太陽光発電システムを導入する場合、国からの補助金に加えて、各自治体でそれぞれ独自に設けた補助金制度を利用できるケースがあります。

高効率給湯器

従来の給湯器に比べ、少ないエネルギーで多くのお湯をつくることができる高効率給湯器には、エコキュート、潜熱回収型給湯器、ガスエンジン給湯器の3つのタイプがあり、それぞれ国の補助金制度が設けられています。

家庭用燃料電池

システム自体は今のところ300万円以上と、まだずいぶん高価ですが、政府が燃料電池の技術を二酸化炭素排出量削減の切り札として考えていることもあり、最大140万円という高額な国の補助金制度が設けられています。